OMEGA / SPEEDMASTER – DARK SIDE OF THE MOON APOLLO 8

All

現在もオメガの現行製品としてサイトにも掲載されている(こちら)、ダーク サイド オブ ザ ムーン シリーズのアポロ8号モデルです。1968年に人類で初めて地球周回軌道を離れ、月まで行き、月の周回軌道を10回周り、人類で初めて月の裏側を見て、無事地球に帰ってくるという偉業を成し遂げたアポロ8号のミッションの50周年である2018年に発売されたモデルです。(アポロ8号の翌年の1969年にはアポロ11号が人類初の月面着陸を果たし、その時に腕に巻かれていたのがこの時計のベースであるスピードマスターになります。)
人類初の月の裏側、ダークサイドを見たミッションの記念モデルということで、時計本体は漆黒のブラックセラミック製で、同シリーズは多々バリエーションがあるのですが、このアポロ8号モデルがダントツのカッコよさです。4年前の発売ですが、とある事がきっかけで思い出し(後述します。)最近入手しました。

両面スケルトン仕様で各所に配された黄色い差し色が効いてます。タキメーター部の外径で実測41.5mm、ラグ幅は21mmでレギュラーなスピマスより若干大きいです。

リューズもプッシュボタンも全てセラミック製です。オリジナルのスピマス(こちらでムーンスウオッチと比較したキャリバー1861モデル)は金属ブレスも含み116.2g程ですが、このモデルはベルトも含み実測90gで見た目よりもかなり軽いです。

ケース側面の垂直面とラグ部上面以外は鏡面仕上げになっており、キラッキラしてます。

風防はプラスチックではなく無反射コーティングをされたサファイヤガラスです。12時位置のOMEGA Speedmasterの表記は凸文字になっています。この文字板のダークな感じの立体感、とても良いです。

スケルトンな文字板から見える、キャリバー1869の表側には月の表面が、裏面には月の裏面の刻印がレーザーで刻印されているのですが、

オメガのサイトから画像引用

実際はクロノの目等が配されますので、月面の刻印部分は大分隠されます。

裏面の月の刻印もスケルトンな裏面から見えます。裏蓋外周にはアポロ8号の司令船操縦士ジム⁠・ラヴ⁠ェルが月の裏側へと向かう時に口にした言葉”WE’LL SEE YOU ON THE OTHER SIDE”(裏側で会おう)” が刻印されています。裏蓋を開ける為の角溝が無いので、裏蓋はパッコンとはめるタイプか、ゴムを圧着してぐいっと回すタイプなのですかね?

オフィシャルな動画です。

上の動画にある様に、針やインデックスバー以外にタキメーターの数字やリューズのオメガマークにもスーパールミノバが使用されており、暗闇では下の画像の様に光り、非常にカッコイイのですが、

少し薄暗い、「いや、まだ光らなくても良いから」なところでも黄緑色に発光し始めてくれ、このELバックライトを点灯した様な状態がまた良いです。

専用ベルト全体像。このパンチング加工されたデザイン、こちらのレーシングなモデルのベルトの色変更かと思われます。が故に、かなりモータースポーツ寄りなデザインな気がしますので、専用ベルトならもうちょい宇宙寄りなデザインであって欲しかった気もします。

カーフレザー製で、取り付け部は硬い芯材が入っており、かなりしっかりできています。

専用ケースと撮影。ケースもすごいので、以下、ご紹介します。

まずは紙製の外箱。かなりでかいです。OMEGAのシルバーの箔押しがトップ面にされています。

外箱を開けた状態。オメガマークの入ったクロスがケースの上に乗ってました。(単に入れ忘れで、本来はケース内に入れられていたかもです。)右側には各国語対応の取説とギャランティーカードが収まってます。

外箱からケース本体を出した状態。黒鏡面のピッカピカです。上面のオメガロゴは金色です。サイズ感を見れる様に手前に時計を置いて撮影しました。で、あまりに重いので計測してみたら約1.9kgもありました。重っ!

で、おごそかに蓋を開けた状態。金属部分には傷防止の青いフィルムが貼ってあります。

鎮座しているアポロ8。(オフィシャルショップの方はこのモデルをアポロエイトと呼んでました。)

時計の乗っている台座は両サイドの円弧状の金属製の取っ手を持って取り出せます。で、中には巾着袋が入ってました。最初のクロスも本来ここに収まってたかもです。

同梱物全てです。左からギャランティーカード類、巾着袋、クロス、取説、です。どうせなら各所に配されている赤色は黄色にして欲しかったですかね。

・・・と、ケースもご紹介が終わり、次はオメガ純正のNATOベルトに交換した状態をご紹介。やっぱムーンウオッチにはNATOベルトが似合います。とてもしっかりした作りで、手前の金属パーツにはOMEGAの刻印があります。

腕に巻いた状態。カッコイイ。

屋外では大抵こんな感じに見えます。タキメーター、キラッキラですw

長くなりましたが、最後にMOONSWATCHのMOONバージョン(こちらでご紹介)とツーショット。

アポロ8の方が若干大きいです。

スピードマスターの両極端な2本ですね。

で、アポロ8に予備で入手したムーンスウオッチのベルトを付けてみました。

非常に似合ってますw こちらのベルトを専用ベルトにした方が良い気がします。また、この状態を再現したムーンスウオッチを是非スピンオフモデルとして出して欲しいですね。

ちなみにこちらは以前にご紹介したムーンスウオッチのマーキュリーにムーンの黒いベルトを付けた状態。今回のご紹介の最初に「とある事がきっかけで思い出し、最近入手した」と記載しましたが、この、ほぼダークサイドオブザムーン的な状態のマーキュリーをしばらく腕に巻いていたら、オメガとスウオッチの罠にまんまとはまってしまい、どうしてもオリジナルなダークサイドモデルが欲しくなってしまい、今回このアポロ8の購入に至った次第ですw(とは言うものの、現状、在庫が全く無く、中古でなく新品での購入までには色々とありましたが、それについては追ってブログの方にでも記載しようと思います。)

以上、オメガのダークサイドオブザムーンアポロ8号モデルのご紹介でした。(2022.9.18.)

2022.9.19.追記・・・キャリバーについて少し追記します。このモデルのキャリバーは1869なのですが、これはスピマスにずっと使われてきた1861に月面のレーザー刻印を施すなどの装飾を加えただけで基本的な構造は1861のままです。
しかし、オリジナルのスピードマスターの方がなんとコーアクシャルを搭載した3861に切り替わってしまったので、50年以上続いた月面に降り立ったムーンウオッチのキャリバーとしての血統を引き継ぐ1861系キャリバーを搭載したスピマスは、現状このモデルと同ダークサイドシリーズのチームアリンギモデルだけになってしまっています。(強いて言えば売れ残っている2020オリンピックモデルも1861ですね。)
ディスコンとなってしまった1861を搭載していたオリジナルのスピードマスター同様、このアポロ8も近々生産終了となってしまうのか、コーアクシャルな3861に変更されて延命されるか、ムーンウオッチキャリバーの血統を引き継ぐ、2本だけ残る1861系キャリバー搭載モデルとして細々と生産され続けられるのか・・・どうなるのでしょうね。チームアリンギモデルはともかく、アポロ計画の記念モデルである、このモデルだけでも唯一残る1861系ムーンウオッチとして、(購入したユーザーとしては今後のメンテ等の為にも)このままずっと細々と作り続けて欲しいと思います。「月面着陸時からほとんど変更もなく50年以上使用され続けてきている1861系キャリバーを使用する、ムーンウオッチの血統を引き継ぐ唯一のスピードマスター」って、この時計にとっても結構いいキャッチコピーになると思いますし。

2022.9.23.追記・・・なんとオメガのオフィシャルのベルトにムーンスウォッチのベルトっぽいのがありましたので、購入した事を追記します。下の画像の様に、ムーンスウォッチのムーンバージョンのベルトにかなり似ててカッコイイです。と言いますか、発売はこちらの方が先ですので、ムーンスウォッチのベルトはこれをリファインしたものだったのですね。

もう何年も前からあったそうなのですが、これはムーンウオッチプロフェッショナル(スピマスオリジナル)専用だそうで、そのページには以下の様に出てくるのですが、アポロ8のページでは出てこないので気付きませんでした。(後からこちらのページを見たらストラップのラインナップとしてちゃんと出てましたw)

またムーンスウォッチのベルトは上と下で別体になっているのですが、このベルトは上下1本で繋がっています。このベルトの後にNASAのマークの入ったモデル(こちら)も出ているのですが、そちらのベルトはムーンスウォッチ 同様に上下2パーツ構成なので、どちらかと言うとムーンスウォッチはそちらのベルトのリファイン版かと思われます。(NASAのマークの入ったベルトも良いのですが、昔のワームロゴだったらそちらを買っていたかもしれません。)

手に取るとこんなです。ほとんどムーンスウォッチのベルトですが、金具部分がバイオセラミックでなく、金属製です。またこのベルト幅は20mmなのですが(アポロ8のラグ幅は21mm)、ほとんど気になりません。

で、このベルトは1本ベルトなので、この様にバネ棒と本体の間を通していくのですが、これが思いの外ベルトが厚く、通すのに苦労しました。オリジナルのスピマスは隙間がもっと広いのですかね?また、キッツキツで通してますので、1度付けるとスルッと簡単に抜く事は出来ず、せっかくの裏スケの様子が非常に見にくい状態になってしまいます。ここは2体化されて背面がオープンになっているムーンスウオッチのベルトの方が良いのですが、、、まぁ、机とかに置いた時の傷防止的にはこちらの方が良いですかね。

腕に巻いた状態。カッコイイ。

このベルトは内側のSpeedmasterのロゴがちゃんとこっちを向いてくれるのも良いです。

こちらはムーンスウォッチバージョン。ロゴの上下が逆になってます。NASAストラップもこちらのタイプなのですが、何故なんでしょう?前にムーンスウォッチのページでも書きましたが、宇宙服の上からつける時は右手がデフォルトで(なのかどうかは知りませんが)、それに倣い、右手に付けた時にちゃんと見えることを優先させたから、でしょうか??)

以下、ムーンスウォッチとの比較です。まずは全体像。ぱっと見はかなり似ています。

裏はこの様に違います。裏スケ時計にはやはりムーンスウォッチ バージョンが良いですね。

Speedmasterロゴの違い。

ロゴ部比較。ストラップ先端は下のスピマス用の方が少し丸い形状をしています。

手に取った状態。いろいろ比較すると、アポロ8にはムーンスウォッチバージョンの2体化ベルトのSWATCHのロゴを消して、裏側のSpeedmaster表記を逆さにならない様にして、金具をブラックセラミックで作ったものが一番良い気がしてきました。オメガさん、出してくれませんかね。。

最後に購入時に撮影した2枚を。左は今回購入したベルト。右はセンターに黄色いラインの入ったNATOストラップ。これも良さげなので見せてもらいましたが、やはり黄色い差し色は本体だけの方が良いかと思い、パスしました。

コーアクシャルなキャリバー3861を搭載したスピマスと。素なスピマスもやはり良いです。

以上、ムーンスウォッチなベルトを購入した事の追記でした。

2022.9.25. 追記・・・ムーンスウォッチのベルトをApple Watchに付け、アポロ8のフェイスを作り表示させてみました。どちらもセラミックケース仲間ですね。

ムーンスウォッチも入れて撮影したら、最強の機械式時計(Apollo8)、軽くていつでも正確に動いているクオーツ時計(moonswatch)、スマホと連携しフェイスを自分でデザイン出来るスマートウォッチ(Apple Watch)、と「腕時計はもうこの3本だけでいいんじゃね?トリオ」となりましたw

まぁ、そのうちまた変な時計を見つけたら入手するかとは思われますが。。下は腕に巻いた状態をまた撮影しましたので、ついでにアップします。いつもよりちょい引き気味でのカット。

逆アングルから。

以上、腕時計はもうこの3本だけで良いんじゃね?な追記でした。

2022.9.28.追記・・・雑な撮影ですが、動画もアップします。

やはり動画の方が質感とかディティールが分かりやすいですね。以上、動画の追記でした。

[オメガ] 腕時計 スピードマスター ブラック文字盤 311.30.42.30.01.006 並行輸入品 シルバー
OMEGA(オメガ)
¥878,000(2022/09/18 15:48時点)
セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証カード同梱
オメガ OMEGA スピードマスター レーシング 326.32.40.50.06.001 グレー文字盤 腕時計 メンズ (W201198) [並行輸入品]
OMEGA(オメガ)
¥448,800(2022/09/18 16:09時点)
オメガ OMEGA スピードマスター レーシング 326.32.40.50.06.001 グレー文字盤 新品 腕時計 メンズ
[オメガ] 腕時計 スピードマスター ブラック文字盤 コーアクシャル自動巻 100M防水 クロノグラフ 326.30.40.50.01.001 並行輸入品 シルバー [並行輸入品]
OMEGA(オメガ)
¥415,000(2022/09/18 16:09時点)
セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証カード同梱

 

タイトルとURLをコピーしました