ABOUT

当ブログについて

 UTDESIGNへお越し頂きありがとうございます。ここは私(UT)が所有する腕時計達をひたすら紹介しているだけのブログです。

全ては「そのデザインに惹かれて入手してきたカッコイイ腕時計達(Ultimate Timepieces selected by DESIGN)」なのですが、その「惹かれるデザイン」のポイントについて挙げてみますと、

・時刻表示手段が特殊で、その「変さ」が「カッコ良さ」になっているもの。

・時刻表示以外の特殊な機能を持っており、その機能追加を実現しようとする作り手側の意図と強い思い入れが感じられるもの。

・造形的に新しい、もしくは普遍的なデザインを極めた審美性があるもの。

・腕に巻いていて、まず「何それ?」と言われるもの。(腕時計として認知されない。)

・逆に、一見普通っぽいが、どこか普通でない訴求ポイントがあるもの。

・宇宙っぽいもの。(いわゆるスペースエイジとか、スペーシーとか、未来感漂うとか。。)

という感じで、所有する全ての腕時計は何かしら上記の要素を含んでいるかと思われます。

腕に巻けるのであれば現行品かアンティークかスマートウオッチかおもちゃかにはこだわりはないのですが、こういう選択肢だと自然と70年代の黎明期のエレキな時計が大半を占めてきています。

 

ここのブログに至るまでの経緯

元々は1997年発売の「Antique & Modern DIGITAL WATCH」という、アンティークウオッチショップのオーナーと共同執筆したムック本(下の画像)の続編として、1998年に開設した「ANTIQUE & MODERN WRISTWATCH」という、私の所有する時計を紹介するサイトでした。

Antique & Modern DIGITAL WATCH(1997年に立風書房より発売)
A4変形サイズ、オールカラー130ページ。国産初の液晶デジタル時計SEIKO 06LCに始まり、70〜80年代のほぼ全てのエポックメイキングな国産デジタル時計を紹介。海外のLEDモデル、おもちゃな時計も併せて紹介しています。(この表紙タイトルの酷いフォントの選び具合、バカでかさは私のセンスではありません。出版社の方でいつの間にか出来上がってしまってました。。。)

htmlテキストベタ打ちによるホームページ立ち上げからAppleのホームページサービスのMobile me、Googleのbloggerを経た後、今は独自ドメイン取得&レンタルサーバーでここにいます。
で、今年でホームページ開設からなんと21年も経っている訳ですが、おそらくここのutdesign.netがweb上の居場所の最終地点かと思われますので、徐々に以前のサイトで紹介してきた腕時計の記事を転載していこうと思ってます。

ヘッダーの女性が腕時計を見ているイラストは江口寿史さんに「老人Zのハルコさんが腕時計を見ているところ」を私がリクエストし描いて頂いたものです。江口さん、ありがとうございました。

また、当ブログからのamazonへのリンクは全てアフィリエイトリンクとさせて頂いてます。ご了承下さいませ。

 

管理人:UT について

Luigi Colani氏とSYD MEAD氏、両氏とのプロダクトデザイン経験のある(どちらも製品化はおそらく世界唯一と思われる)某メーカープロダクトデザイナー。昔はiF賞 top10入選、同シルバー賞、Gマーク部門別大賞受賞など。最近はミラノサローネでのインスタレーション出展、某芸大教授とiOSアプリ協働開発等、映像寄りの仕事がメイン。

Mail : synchronar(atmark)gmail(dot)com

2011年までSYD MEAD氏の日本国内におけるエージェント業も数年兼務。(2010年、SYD MEADオフィス設立40周年記念腕時計「PROMISE」をSYD MEAD氏監修の元、デザイン、発売)

Luigi Colani氏本人唯一公認だったファンサイト「The Colani Line」(現在休止中)協力者。car styling ルイジ・コラーニ第4集 concept-design of Tommorow にて80年代にキヤノンに提案したカメラ、5システムズ全モデルについての解説を執筆。

デザイナーやライター、エディター等による、腕時計コレクター&デザイン集団「SICURA-MEN」主宰。腕時計展の開催や雑誌記事執筆、テレビ、雑誌等のメディアの企画協力、ノベルティーグッズの開発、販売等を行う。2004年フジテレビ/ニューデザインパラダイス出演。



2005年、欲しいケースが無かったので自ら初代iPod Shuffle用ケースをデザイン、NUTSさんより発売。

↑ 蛍光アクリル板を折り曲げただけのシンプルなデザイン。ヘッドホンコードを巻き取る機能もあり、そこそこ売れました。多謝!(ちなみに本業では有りません。パッケージから取り説まで全て趣味で作りました。)

腕時計雑誌「WATCH BEAT」にてカラー見開き2ページのコラム「デジタルな日常」を数年執筆。

↑ WATCH BEAT 連載記事。毎回こんな感じで新旧問わず怪しいデジタル時計を紹介していました。

2015年8月、欲しい充電スタンドが無かったので自らApple WatchとiPhoneを一緒に置ける充電スタンドをデザインし、amazonで販売。

昔はイベントやライヴでのVJもしていましたが、最近はほとんどやってません。

デザイナーズFILE 2017、2018にプロダクトデザイナーとして掲載して頂きました。

 

以下、最近取材協力した雑誌、ムック本等

「昭和40年男 Vol.54」2019年3月発売 (「デジタル大革命」の特集ページで、1980年に発売された多機能デジタル時計を多数紹介。以前のブログでの紹介はこちら

「LowBEAT No.14 」2018年10月発売(「70sデザインを考察する」という特集にてデジタル時計の登場が時計産業にどのような影響を及ぼしたのか、について「デザインの識者が語る70年代ウオッチの魅力」と題したインタビュー記事を2ページにわたり掲載して頂きました。以前のブログでの紹介はこちら

「POWER WATCH 」2018年7月号 (100号記念企画として連載コラムの時計マニア数珠つなぎが電子Book化され「35人の流儀」にコレクターの一人として紹介して頂きました。内容は以前に取材を受けたものと同じです。)

「昭和40年男 vol.47」2018年1月発売 (「コンビネーションウォッチ百花繚乱」のページで、1980年に発売されたデジアナ、アナデジ系デジタル時計を多数紹介。)

「昭和40年男 vol.44」2017年7月発売 (「デジタル腕時計ブーム到来 多機能時計が続々登場」のページで、1983年に発売された多機能デジタル時計を多数紹介。以前のブログでの紹介はこちら

「傑作腕時計図鑑」2016年8月発売 (「時刻表示の概念を覆した魅惑の70’sデジタル」という記事に腕時計の画像を提供。記事内容には一切関与していないので多々誤表記があるのが残念。)

週刊SPA! 2015.3.24,31合併号 (「あの大ヒット商品はすでに日本で作られていた!」という記事においてセイコーのテレビ時計の紹介に協力しました。)

家電批評2014年11月号 (腕時計型デバイスの黎明期からApple Watchまでを私の所有する時計で紹介。以前のブログでの紹介はこちら

POWER WATCH 2014年7月号 (腕時計コレクターとして私個人を所有する腕時計と共に4ページに渡り紹介して頂きました。以前のブログでの紹介はこちら

UOMO 2014年5月号 (大人が威張れる!遊べる!コスパ時計特集にて比較的安く入手出来るカッコイイ時計を多数紹介。以前のブログでの紹介はこちら

TIME Gear Vol.2(デジタル時計の黎明期からエポックメイキングなモデルまで、9ページに渡り紹介)

GoodsPress 2011年3月号(今も昔もデジタル時計に魅了される理由、として代表的な70年代のデジタル時計とその魅力を紹介)

その他過去の取材協力、掲載雑誌等
AXIS Begin Boon BRUTUS FINE BOYS Lightning Mac Fan MAC POWER memo モノマガジン PDAマガジン pig magazine(Italy) popeye street Jack watch @ gogo windows GIGA watch beat etc…

All of the watches listed here are my personal collection and not for sale.
ここで紹介してます時計は全て私個人のコレクションで販売はしていません。
 
タイトルとURLをコピーしました