LIP / ELECTRONIC Lightning Index bar

ANALOG

 

lipの1960年代の電磁テンプ式の時計です。12時位置のロゴの下のイナズママークに加え、秒針後端、12、3、6、9時のインデックスバーもビリビリしていて、エレキ時計の黎明期に電気仕掛けである事を積極的にアピールしているディティールです。

リューズは「ゼンマイを巻く必要が無いんだからいらないだろ」と言わんばかりに指かかりのミゾの彫られていないツルツルな円筒形です。

裏蓋の刻印がまたカッコイイです。

同lipの初期クオーツモデルと。エレキな兄弟。

HAMILTON-RICOHの電磁テンプモデルと。こう並べるとlipのは控え目ですね。発売はlipの方が先かと思われます。

最後に斜視をもう一度。まさにしびれるカッコよさです。

以上、lipの電磁テンプ時計のご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました