HAMILTON-RICOH’S FIRST ELECTRIC WATCH

Analog

1962年(昭和37年)発売の日本初の電池で動く腕時計のハミルトン・リコーの電磁テンプ時計です。
電磁テンプ時計を開発したアメリカのハミルトン社と日本のリコーと三井物産の3社で設立された会社がハミルトン・リコーで(会社自体は数年で消滅してしまいました。)、今回ご紹介するこのモデルがその記念すべきファーストモデルになります。

エレキ系な時計にはよく見られる秒針後端のイナズマ型に加え、5分おきのインデックスバーもイナズマ型でビリビリしていてエレキ感の推しがすごいです。ハミルトン・リコーの電磁テンプ時計でインデックスバーまでイナズマ型をしているのはこのファーストモデルだけかと思われます。

スクリューバックの裏蓋はぷっくりしていてかわいいです。

私のこの所有物はベルトもオリジナルです。かなり先細になってるベルトです。

大分薄くなってますが、ベルト裏にはHAMILTON-RICOHの印刷がされています。

尾錠にはハミルトンマークがあります。

裏蓋を開けてバッテリー交換をした時のカット。キャリバーはハミルトンの505を搭載しています。

金属枠を外した状態。バッテリー交換はドライバーを使用することなくできるのですが、油断するとピーーーンと飛ばしてしまう案件(構造)です。

最後に正面からもう一度。文字通り、シビれるデザインです。

以上、国産初のエレキ時計、ハミルトン ・リコーの電磁テンプ時計のご紹介でした。

2020.3.10. 追記・・・以前に撮影したいい感じの画像があったので貼っておきます。下からちょい見上げたアングル。相変わらずビリビリしててカッコイイです。

メッシュベルトに付け替え腕に巻いた状態。エレキな時計はメッシュベルトが良く似合います。

以上、画像2枚の追加でした。

2020.8.21. 追記・・・電池交換をしてインスタにアップした画像をこちらにも貼っておきます。上と似た様な画像ですが。。

枠を外しピンセットで電池交換。なんとなく頼りないテンプの動きですが、またちゃんと動き始めてくれました。

各国産メーカー初の電磁テンプの3ショット。手前、日本初でもあるハミルトン・リコー、中、シチズン初のX8、奥、セイコー初の31EL。(厳密に言えばセイコーのモデルはほんとの最初期モデルではありませんが。)ビリビリ、スペーシー、普通だけどエレキなマーク、といったとこでしょか。

以上、画像3枚の追加でした。

(CATEGORYに戻る場合はブラウザーの戻るボタンで戻って下さい。)

[ハミルトン] 腕時計 ベンチュラ クォーツ H24301731 正規輸入品
HAMILTON(ハミルトン)
¥109,080(2021/08/28 10:54時点)
対象:メンズ
RICOH THETA Z1 ブラック 360度カメラ 1.0型裏面照射型CMOSセンサー搭載 23MP高解像静止画 手ブレ補正機能搭載 4K動画 360度空間音声 RAW現像対応 高速無線転送 リコーシータ独自の高精度なスティッチング技術 THETAシリーズのフラッグシップモデル ビジネスシーンで大活躍 910774
リコー
¥81,200(2021/08/28 15:05時点)
【THETAシリーズのフラッグシップモデル】 1.0型裏面照射型CMOSセンサーと新開発レンズユニット採用により、ゴースト・フレア・フリンジを抑制。THETAシリーズ最高画質を実現

 

タイトルとURLをコピーしました