LANDERON / ELECTRIC 4751

Analog

1960年代初頭に発売されたランデロンによる電磁テンプ時計です。ランデロンはカム式の廉価版クロノムーブ等、機械式時計のムーブを多々作っていましたが、当時はこの様なエレキな時計のムーブも作っていました。このモデルはスイス初のエレキ時計であるランデロン4750にハック機能(リューズを引いて秒針を止める機能)を追加した4751ムーブメントを搭載しています。このムーブを使用した時計はいくつかのブランドから販売されたのですが、このモデルにはブランド表記がありません。ランデロンが直に販売していたモデル、などという事もあるのでしょうか?謎です。

文字板はご覧の様にエレキ感溢れるビリビリしたインデックスバーでカッコイイです。ケース、リューズはステンのシルバーですが、インデックスバーと針は金色です。

私所有の電磁テンプ時計では最初期型のモデルになります。

しかしこの時計に使用されている4751ムーブの製造はたった半年程だった様です。

6時位置にあるElectricの文字もカッコイイです。Eが赤でイナズマ型をしています。

文字板拡大。秒針の後端も控えめにイナズマ型をしています。

ケースは意外とボリュームがあります。リューズには格子状のスリットが彫られています。

背面です。中央に大きな電池蓋がありますが、開閉の為の溝の幅が狭めで日本の硬貨では回せませんでした。

電池蓋を開けた状態。電池にはスペーサーとなるゴムの輪が巻かれていました。

裏蓋を開けた状態。蓋の裏には巨大な金色の電池接片が固定されています。回転させて固定する裏蓋とムーブにある金色の接点がどのポジションでも接することができる様にこの様な巨大な円盤の接片になっている様です。またムーブの上には画像左上の絶縁シートが乗っていました。

ムーブ拡大。12石の様です。秒針を物理的に強制停止する為のレバーがテンプの上に伸びてます。

Pieter Doensenさんの本に掲載されているかなり近いモデル。イナズマ型のインデックスバーではありませんが針の形、6時位置のElectricの表記が同じです。

しかし、外観は裏蓋以外は非常に程度が良く、今からほぼ60年も前の製品には見えない綺麗さです。

いい感じに撮影出来たカット。金のインデックスバーと針がキラーンと反射した状態。

最後に所有するエレキビリビリ文字板系の時計を並べてみました。左、Hamilton-Ricoh、中央はこのLanderon、右はlipの電磁テンプ時計。年代的には中央のLanderonがおそらく1961年かと思われ、左右のHamilton-Ricohとlipのものがおそらく1962年です。このLanderonの4751ムーブがたった半年で製造中止になったのはより薄く低価格になったこのlipのムーブR148が発売されたからの様です。

ハミルトン・リコーのモデルとのツーショット。どちらもエレキ感の推しが強いです、

以上、ランデロンの電磁テンプ時計のご紹介でした。(2021.4.9.)

(CATEGORYに戻る場合はブラウザーの戻るボタンで戻って下さい。)

タイトルとURLをコピーしました