CMF BY NOTHING / WATCH PRO

All

NOTHING(サイトはこちら。背面が光るカッコイイスマートフォンNothing Phoneを出してるイギリスのメーカー)のセカンドブランドのCMFから発売されたスマートウオッチのWATCH PROです。こちらのサイトの様に、ひとえにそのデザインが極めて優れていることがウリである、スマートウオッチです。日本での価格は11,000円で必要最低限の機能は備えており、このシンプル、お手軽、軽い、安い、カッコイイ感じは往年のPebbleを想起させます。あらかじめプリセットされているウオッチフェイス、UI、スマホアプリなど、どれもが統一されたモノトーン+差し色のオレンジを効かせたシンプルで魅力的なビジュアルに統一されています。

カラバリは3種類準備されていますが、(追記:シルバー色が追加されてカラバリは今は4種類になっています。)このモデルを買うのならやはりこのメインビジュアルに使用されているモデルでしょう、ということで、オレンジベルト+鏡面本体のモデルを入手しました。

あらかじめプリセットされているこのフェイスもシンプルで良いです。右上のドットは電池残量の様です。

本体はアルミ製で、ツルツルピカピカのPVD(真空蒸着)処理がされてます。他のモデルは梨地のアルマイト処理となっていますので、Apple Watchのミッドナイトアルミニウムの様な質感を求める方にはそちらがお勧めです。

起動時に最初に立ち上がるフェイス。シンプルで良いのですが、何時かちとわかりづらいです。

トップのガラス面は平面ではなく、微妙にRのかかっている面です。

Apple Watch 7か8の発売前に出た予想CGがこんな形状をしていましたね。Appleの最近のデザインの傾向からも、大幅なデザインの刷新が噂される次のApple Watch Series10ではこんなデザインにしたかったのではないでしょうか。

背面はプラスチック製です。専用の充電端子もPebbleっぽいです。

時刻の常時点灯モードもあります。かなり暗めにアナログやデジタルで表示します。

アプリのトップ画面はこんな。シンプルで綺麗。

歩数、ストレス度、心拍数、血中酸素濃度(24時間対応)など基本的な機能は備えてます。GPSを内蔵しており、ウォーキングなどのトラッキングはかなり正確でした。

ウオッチフェイスは50種類以上あります。自分の画像を背景にしたフェイスも1つだけ作れます。中央の白デジボーグは私が入れたものですが、全くもってこの時計には似合いませんでしたw スマートウオッチでここまでデジボーグが似合わなかったのも初めてです。・・・ので、このWATCH PRO風なカラーリングに変更したデジボーグを作りました。(当ページ下の方にアップしてます。)

パッケージがまたよく出来ていておしゃれです。

手に取るとこのくらいの大きさ。

極めて薄いパッケージで、背面がこの様に収納物のシルエットで突出しています。

下の方から見るとこんな。

開けた状態。取説と充電ケーブル、ベルト、本体がバラして収納されてました。

ここでPebbleとツーショット。Pebble、まだ生きてます。

Apple Watchも入れて3ショット。

このApple Watchは42mmのモデルですので、WATCH PROはApple Watchの45mm相当な感じで、思ってたよりも大きいです。(ベルト込みで47gと軽いので、装着感は良いです。)

ということで、最後に、作成したWATCH PRO風カラーリングにしたデジボーグフェイスです。これならいけますかね?

もう一枚。左上の秒のグラフィックは画像なので動きません。

自作のフェイスは自分の画像を背景に貼ることが出来、時刻のフォントは2種類のみで、入れる場所と色は変えられます。現状、アプリには自作のフェイスは1つしか保存できないのが残念。また時計にはプリセットされた4つ以外には新たに2つしか追加できないのも残念。自作フェイスのカスタマイズ性のアップと保存件数のアップをバージョンアップで期待します。

ブランド名のCMFってプロダクトデザイン的によく言われるモノの構成要素、Color(色)、 Material(素材)、 Fnish(仕上げ)の事ですかね?この時計に関して言えばそれらは非常に高いレベルでしかも低コストで完成されているプロダクトかと思います。・・・以上、久しぶりにきたお薦めなスマートウォッチのご紹介でした。(2023.11.16.)

2023.11.18.追記・・・気がついたらダークグレーバージョンも入手してましたw ので追記します。ダークグレーバージョンもカッコイイです。

カラバリはあと本体色がこれと同じダークグレーでベルトの色が明るいグレーのASH GREYと白いベルトの付いたシルバーがあります。

しかしシンプルなデザインで良いです。

メタリックxオレンジバージョンと極めて対照的な、しっとりと落ち着いた質感です。

シンプルなディティールに似合う、きめの細かい表面処理です。

Apple Watch SEと比較してみます。

こう並べるとApple Watchはウォームグレー系な感じですね。Apple WatchはR面が多いので艶も上がって見えます。

ほんと仕上げに関してはApple Watchに負けていません。てか、このWATCH PROのデザインのApple Watch10が欲しいですw

パッケージはそれぞれのカラーに合わせたパッケージになっています。

以上、ダークグレーバージョンも購入の追記でした。

2023.11.28.追記・・・スヌーピーのフェイスを作ってみたのでアップします。結構かわいくできました。背景の赤は実際はもっとベルトのオレンジに近い色です。

オリジナルのフェイスは1つしか保存できないのでデジボーグフィスと入れ替えになってしまうのが面倒ですね。時刻表示方法のカスタマイズ性とか、バッテリ残量の表示とか、歩数とか情報追加とかもしたいところです。そのあたりはアップデートで対応してくれることを期待しましょう。

また、デジボーグのフェイスを作った時から非常に気になっていたことを以下に記載します。画面の表示領域の角Rなのですが、何故か表示領域の角のRが大きく、黒枠のベゼル幅が全周均一になっていません。ざっくり作図してみたのですが、本来、表示領域の角のRは黄色い製品外観のRとセンターを同一とする、オフセットさせた緑色の線の形状であるべきですが、製品のRは水色の線の形状になっており、特に背景が黒でないフェイスにするとそれが顕著に現れキモチワルイです。中味の都合でこうせざるを得なかったのか、画面点灯時により製品を丸いイメージにしたかったのか、単にあまり考えてなかったのか、、、デザイン的には非常に気に入ってるスマートウォッチなのですが、このポイントだけが残念です。これはアップデートでは直せないですかね、CMFさん?

・・・以上、スヌーピーのフェイスを作ったことと気になってる点の追記でした。

2023.12.11.追記・・・どうも上記の均等でない幅の黒枠が気に入らないので、黒枠を潰すべく黒背景の赤デジボーグをつくりました。こちらです。

スヌーピーのフェイスとツーショット。

黒ベタの背景でもやはり左上の秒のグラフィックがあればデジボーグっぽく見えますね。しばらくはまたこれで使用してみようと思います。・・・以上、赤x黒デジボーグを作ったことの追記でした。

2023.12.24.追記・・・実は購入時から電話の着信やiPhoneのアラームの通知は来ていたのですが、メールやLINE、インスタ等の通知が一切来無くて、サポートに問い合わせても原因は分からず、そうこうしてるうちにアプリのアプデがあるとのことでそれを待てば直るだろうと、また新しい時計も来たのでしばらく放置していたのですが、、、結局アプリのアプデしてもダメで、ずっとこんなフェイスにしてました。

で、今日また設定などを見直していたのですが、なんと下の画像の様に、設定の中の通知の中の「プレビューを表示」を私はこれまでずっとこの設定は「しない」にしていたのですが、「常に」に変更したらあっけなく通知が来る様になりました。

ここを「常に」にすることが必須って・・・こんなこと、この時計の取説その他には記載されていないのですが・・・もしも私同様にこの時計を所有していて通知が来なくて困っている方は、この様にすると解決すると思いますので、今回はそのことのお知らせの追記でした。(通知が来る様になり、やっと単に大きいデジタル時計からスマートウオッチになった気がしますw )

2023.12.30.追記・・・通知が来る様になった、と思ったら数日でまた来なくなりました。で、いろいろ試してみたのですが、結局Watch Pro本体の再起動(画面上から下にスワイプ、右下の歯車マークタップ、上にスワイプしてシステムメニュータップ、再起動をタップ、画面に「タップして再起動」と出るので画面タップ)でまた通知が来る様になりました。

良い時計なだけにこの通知の切れ具合は残念ですが、とりあえず再起動で復帰しましたので、そのことの追記でした。(もしかすると私はオレンジベルトのものと交互に使用していて、その都度アプリと連携しなおしたりしてるので、そのせいかもしれません。)

2024.1.30.追記・・・こちらのブログのページで同CMFのヘッドフォンBuds Proを買ったことやその他CMF等の最近の惹かれるデザインについて記載してます。よろしければ併せてどうぞ。

あと、腕に巻いた状態の画像をアップしていなかったので、追記します。

結構つるんとした感じに撮影出来ました。Watch Proのガラスって結構Rのついた形状をしてるんですよね。以上、ブログ記事へのリンクと画像の追記でした。

2024.2.17.追記・・・上のデジボーグのフェイス同様、自分で壁紙を設定できるフェイスはあるので、それで時々遊んでいますので、いくつかご紹介。まずはさらば宇宙戦艦ヤマトを見に行った時の松本メーターなフェイス。画像はヤマトでなく999のものですがwebで拾ったものです。時刻のフォントと位置は決め打ちのしか選べませんが、色は自由に設定できます。

次、同ヤマトを見て帰ってきてから作ったテレサのメッセージなフェイス。これは本当ならApple WatchのClockologyで文字をスクロールのアニメにしたいところです。

次はナウシカなフェイス。セイコーからナウシカモデルが発表されましたが、あまりにイマイチだったので、とりあえずこちらでナウシカフェイスを作ってみたのもの。画像はジブリのサイトの「画像は常識の範囲でご自由にお使い下さい。」とあるこちらのサイトより。ナウシカが「違う違う、アスベル、みんなに言って腐海の生まれたわけを、蟲は世界を守ってるって!アスベルお願い!」と言ってるシーンですね。セリフとしてはやはりフォントを揃えて「違う違う!今、11時28分!」と間に時と分を入れたいところです。昔作った鉄雄時計の様に。

ちなみにCMFで募集していたウオッチフェイスのデザインコンペ、応募開始から締め切りまでなんと2週間程しかないという超短期間のコンペでしたが、とりあえず応募しておきました。入賞者10名にはCMFの製品が頂ける様ですが、さてどうなるでしょう。CMF Watch Proのフェイスデザインコンペとはいえ、下の画像の様な、オフィシャルのフェイスデザインに倣った、シンプル、ミニマル系のデザインに絞ったアイディアを出すという方向性もありましたが、そんなのは中の人がこれまで散々検討してきているでしょうし、主催者側もデザインコンペにそんなものは求めていないだろうとも思ったので、最低限CMFのカラースキームは守りつつ、ちょい斜め上方向でWATCH PROに似合うもの、というスタンスでデザインし数案応募しておきました。

下は応募した1案の検討中の図の拡大です。脳と脊髄の断面、視神経、アキラ、テクノ、のキーワードでデザインしてる感じですw 応募時はインスタのストーリーズに画像をあげることが前提でしたので、応募した日、1日だけインスタに公開されましたが、、、ここへのアップは結果発表後にしようかと思います。

2月25日が発表ですので、結果が出ましたらまた追記します。以上、壁紙貼っただけだけどそれなりに遊べるフェイスのご紹介とコンペ応募したった、な追記でした。

2024.2.27.追記・・・2/25が結果発表だったのでずっと待っていたのですが、GMTで26日になっても結果発表がされず、、、本日、フォーラムでの問い合わせに対し”They are running a bit late in finalising the winners.”との中の人からの回答があり、結果発表は3月上旬まで延びた様です。ので、とりあえずゆるゆるなフェイスを腕に巻いて辛抱強く待ちたいと思います。

2024.3.20.追記・・・下記ブログ記事にデザインコンペの結果をアップしました。

CMFのウオッチフェイスのデザインコンペに応募した件
1月30日に開示され、締め切りが2月15日という、募集開始から締め切りまで約2週間程しかないという、非常にタイトな日程で、突如CMFさんが「Design a CMF Watch Pro Face and Win Prizes!」と、ウオッチフェイスのデザインコンペを開催しました。下の画像は告知サイトより引用。 WATCH PROのデザインに惹かれカラバ...

2024.5.16. 追記・・・ウォッチフェイスのデザインコンペの賞品が届き(こちらにも追記しています。)、更にシルバー色のWatch Proが仲間入りとなりました。これで3本目ですw

シルバーモデルはかなり白いです。

しかしアルミのブラスト処理の金属感はあるので、安っぽさはありません。

ベルトもかなり白いです。グレーのベルトはかなり使ってきたのでテカってきました。

グレーモデルと。このツートーンを見ていたら、、、

やはりこんなフェイスを入れたくなりました。moonswatchのスヌーピーモデルっぽく、白スヌ黒スヌにしてみました。

しかし、白文字板にするととたんに不均一な幅の黒額縁が目立つので、

白モデルも黒文字板にしました。

しかし、素なデザインで良いです。

これで11,000円ですから、かなりの高コスパなスマートウォッチです。

しかし、白いベルトはすぐに汚れそうなのと、どうもこのベルトはつけ難いので、

アマゾンのこちらで購入したApple Watchのシリコンペルト風なベルトに交換しました。これで764円って安いですね。で、このベルトつけたらいかにも次期Apple Watchっぽくなったので、Apple Watchに入れていた自作スヌーピーフェイス(こちらでご紹介)を入れてみました。

基本壁紙を自分の画像に差し替えるだけなので、アニメはしません。

置いた状態。

ついでに作った、よりApple Watchぽく見えるフェイス。

ぱっと見はもうApple Watchですw

それのナイトモードとか。

Watch Proは時刻表示の色はカスタマイズできるので、この様に赤く表示させることができます。

逆に白くしてそれのアレンジとか。

しかし、上の方でも記載しましたが、今年の秋に出るであろう、次期Apple Watchはデザインの刷新が噂されてますが、きっとこんなデザインにしたかったでしょうね。予測CGもこの様なものが多々web上に上がってますし。。。最近のAppleのデザインの傾向からもこうなりそうな気はしてますが、Watch Proにこのミニマルなデザインを出されてしまった後に、Apple Watchはどう出てくるでしょう?見なかったことにして、ほぼこんな感じで出すか、キープコンセプトでやはりほぼ今のままの丸いデザインを踏襲するか。。。

Apple Watchと。次期Apple Watchはデジタルクラウンを無くす噂もありますが、心電計のセンサーとしてなにかしら右側面に必要そうですので、そうするとよりWatch Proっぽくなりそうですw

シンプル、ミニマルなデザインは清潔感があって良いのですが、下手をするとどれも同じデザインになってしまい、その中で新しさを出すのは非常に難しいかと思われます。最近だとシンプルミニマル系で新しいことをしようとすると「あー、teenage engineeringっぽいね。」と言われて終わるでしょうし。Appleはこれを超えるカッコ良さを出せるでしょうか!? 私的には「そうくるかー」な、斜め上な新しいデザインを期待したいのですが、、、Apple Watch ULTRA 2とか見ると最近のAppleには無理ですかね。。

最後に腕に巻いた状態を。

以上、話がなんかApple Watchの方にいってしまいましたが、Watch Proシルバーバージョンがきたことの追記でした。

2024.6.5.追記・・・こちらのページでデザインコンペで入賞した私デザインのフェイスが使用できる様になったことをアップしました。

◀︎ COLLECTIONに戻る

 

cmf by NOTHING スマートウォッチ (メタリックグレー)
CMF BY NOTHING
¥10,387(2024/05/14 16:41時点)
超⼤型 1.96 インチ AMOLED ディスプレイ:⾼解像度410*502/最⼤600ニトの⾼輝度/⾼リフレッシュ レート (平均 50FPS)/常時表⽰ディスプレイ
cmf by NOTHING スマートウォッチ (ダークグレー)
CMF BY NOTHING
¥11,000(2024/01/29 16:15時点)
超⼤型 1.96 インチ AMOLED ディスプレイ:⾼解像度410*502/最⼤600ニトの⾼輝度/⾼リフレッシュ レート (平均 50FPS)/常時表⽰ディスプレイ
cmf by NOTHING スマートウォッチ (アッシュグレー)
CMF BY NOTHING
¥8,800(2024/05/31 22:56時点)
超⼤型 1.96 インチ AMOLED ディスプレイ:⾼解像度410*502/最⼤600ニトの⾼輝度/⾼リフレッシュ レート (平均 50FPS)/常時表⽰ディスプレイ

 

 

タイトルとURLをコピーしました