SEIKO / TV WATCH DXA001

DIGITAL

1982年にセイコーから発売された世界初のTV付き腕時計です。1.2インチ(16.8mm x 25.2mm )、32000画素の反射型白黒(というより、見た感じは白青)液晶のTVモニターを搭載しています。これは東京と大阪のみの地域限定で先行発売された、DXA001というモデル(108,000円)で、翌1983年にはディティールがシンプルになった廉価版のDXA002というモデル(98,000円、下の方でご紹介)が追加販売され、どちらも全国発売となりました。上の画像だけ、下の方で紹介してます昔撮影したまる子の画像を合成しています。すみません。地デジ化された現在、この様にテレビ映像を映すことはできませんので、現状ただの大きいデジタル時計です。

時計単体ではテレビ視聴は出来ず、時計上面についた大きいコネクターを介してチューナーと連結する必要があります。

黒い額縁のコントラストが効いたカッコイイデザインです。時計部のSEIKOのロゴは彫刻色入れがされています。

下の画像が最初の画像の合成に使用した元画像です。アナログ放送が行われている頃に撮影したもので、結構良く見えました。反射型の液晶なので、明るければ明るいほど良く見えます。逆に言うと、薄暗い所ではほとんど見ることは出来ません。受信はVHF、UHFのテレビの他にFMも受信することが出来ます。

アナログ放送終了のお知らせが画面に出ているレア画像。後にこのテロップさえ見れなくなり、ただの大きいデジタル時計になりました。

2011年7月24日、テレビ時計とSONYのラテカセのジャッカルがアナログ放送終了と同時にただの大きいラジカセと大きい腕時計になってしまう瞬間を撮影した動画です。肝心のテレビ時計の画面がよく見えませんが。。

以下、いろいろな角度から。まず左側面。モードボタンがあります。

上方から。コネクター部はかなりのボリュームです。右側面にはクロノやアラームセットに使用するボタンが2つあります。

コネクターを外した状態。接点が6個あります。

コネクター部を外しデジタル時計として使用する場合はこんな感じです。

前面は少し傾斜していますが、中の液晶は傾斜していません。

傾斜角度はこのくらい。

背面は非常にシンプルです。

裏蓋を開けた状態。時計部のLCD表示用のバッテリー、SR920Wが1つ入ってます。

で、実際デレビを視聴するのに必要なチューナーとヘッドホンです。このヘッドホンもセイコーオリジナルです。

赤いラインの入った思いっきり80’s臭のするデザインですね。

かなり凝ったディティールの操作部です。チューナーの指標も傾けてます。

側面の操作部。SEIKOロゴのあるフロントカバーのみアルミです。

背面。単三電池2本使用します。背面もゴム足もついた丁寧な作りです。

セイコー純正ヘッドホンなんて、これが最初で最後でしょうね。

これも80’sな感じです。当時のAIWAのデザインに近いでしょうか。

パッケージです。巨大な化粧箱に収納されています。

がばっと開けた状態と取扱い説明書など。このまま店頭展示を前提としたパッケージですね。透明部はかなり黄変してきました。

上蓋部にはヘッドホンと時計へのコネクターケーブルとステレオをモノラルに変換するジャックが収納されています。

こちらには時計本体とチューナーとその下にはチューナーのケースがあります。

で、このチューナー用のケースですが、かなりベトベトに劣化してきています。背面にはベルト通しもあり、このケースには黒バージョンもあった様です。

取説の「取扱い上のご注意」のページではキャラ化したテレビ時計がかわいいです。

で、実使用時のコードの這い廻し具合。腰に付けたチューナーからは袖の中を経由して腕時計部と連結させます。ヘッドホンも当時は無線ものなどないので、ヘドホンのコードも這い廻り、結構苦労します。

で、こちらが廉価版のDXA002です。非常にシンプルなデザインです。

正面から。デザイン以外ではスペック的には同じですヘッドホンはインナーイヤータイプに変更されました。

こちらはDXA001。

ちなみにこれも007のボンドウオッチなのですが(オクトパシーで登場)、デザインはこちらの廉価版のDXA002に近いのですが、かなりディティールが異なり、セイコーが最初にプレス発表した時のモデルの様な、コネクター部がシルバーのデザインのものが使用されています。しかも液晶はカラー液晶(もちろん合成)になってました。

初代DXA001と廉価版DXA002。こう並べると奥のDXA002の液晶の方が若干青味が濃いです。

あと、コネクター部のLVD表記が手前のものは白文字ですが、奥のものは白地に黒文字と異なります。どちらがどちらのものか、既に判らなくなってしまいましたが、、、微妙に異なります。

これは以前にスタバで取材を受けた時のカット。ライターの女性の方の腕に巻かれています。

こちらは以前にインスタにアップした画像。80年代のその他の時計達と。

ちなみに当時の新聞記事によると、このTV時計の初期ユーザーの購入動機のトップ3は、以下の様です。

・世界初で話題性がある・・・56.2%
・情報機器として便利・・・27.1%
・職業上必要・・・12.5%(!)

この、いつでもテレビが見られる腕時計を「職業上必要」とした、1割以上の方々の職業って、いったい何だったんだしょう???・・・007はこのTV時計を使用していたので、それも立派に職業上必要とされた例の1つでしょうか?「同業者が」職業上、「買ってバラすために」必要だったのが、その1割だった様な気もしますが、そんなつまらない理由でなく、本当に仕事の実用上必要とされた、謎の仕事師の方々の腕で、今でもRFコンバーター等を介して何かしらの映像を映し出し立派に現役で活躍していることを期待します。・・・以上、掲載画像数ではおそらく世界一かと思われる、セイコーのテレビ時計のご紹介でした。


置き時計、 テレビパタパタ時計、フリップスタンド時計、Midclock 、レトロ入学新築祝い贈り物プレゼント、デスク リビング オフィス 時計インテリア飾り物 (橙)
MIDCLOCK
¥3,819(2019/10/21 13:54時点)
レトロスタイル:メカニカルフリップテレビ時計、またシンプルでレトロを溢れて、デザイン性の高さから根強い人気を誇っています。このデザインは、家族と一緒に見た昔ながらのブラウン管テレビを思い出させる。昔の懐かしさや複雑な感情を感じることができる。

タイトルとURLをコピーしました