SEIKO / SPORTSMATIC 5

ANALOG

1964年製造(発売は1963年)のセイコーのスポーツマチック5(410)です。前にご紹介しました同マチックのウイークデーターとは打って変わってとてもスペーシーなデザインがカッコイイです。またこのモデルは「5(ファイブ)」のペットネームが付けられた初代のモデルという記念すべきモデルでもあります。(「5」は耐震、防水、日付、曜日、自動巻の5つの機能を備えているモデルに付けられたペットネームです。また厳密には同じ文字板でこれとは違うケースデザインのものの方が初代だったのかもしれません。)

ベルト幅とほぼ同幅で文字板に入る微細な縦スリットの帯、十字に切られた細い線、シャープな時針分針、角丸できちんと囲われたデイデイト表示、スリット上にぽつんと1つだけ置かれた12時位置の大きい箱型のインデックス等、各ディティールのバランス具合が非常に良くまとまった宇宙っぽさです。また、文字板の繊細な縦スリットは本体を左右に振るとモワレっぽくなり、それがSF映画などで未来から何かがやってきた時の背景のエフェクトの様で、針が未来からやってきた様にも見えます。

このモデルには白文字板バージョンもあるのですが、このデザインを活かすには黒文字板の方が良いかと思います。ベルトはオリジナルではありませんが、いい感じに似合っています。

ケース、風防ともにかなり傷だらけだったのですが、磨いて大分綺麗になりました。エッジの効いたトノーケースがカッコイイのですが、ステンではなくメッキなので、表面やエッジ部がかなり傷んできています。

裏蓋にはうっすらとイルカの刻印が確認できます。

最後は明るめな画像を。縦スリットが見えない角度だとかなりシンプルに見えます。

以上、スペーシーで初代の5であるセイコースポーツマチック5のご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました