SEIKO / A158-502A

DIGITAL

セイコーの1978年製造のデジタル時計です。当時、価格もこなれてきてアラーム、1/10秒ストップウオッチ機能付きでシンプルながらも非常に売れたベストセラーのA158シリーズの中でダントツの格好良さの502Aです。

当時、私はこのデザインのモデルを知りませんでした。本体下方まで伸びた黒いフロントカバーが精悍な顔つきです。

ベルトもオリジナルでほぼデッドストック状態のものです。

腕に巻いた状態。少し大きめですね。黒いフロントカバーが明るいシルバー色のカラバリもあります。

裏蓋は電池蓋のあるスクリューバックです。

裏蓋を開けた状態。電池はSR1130Wです。

更にバラした状態。アラーム音のユニットはケース裏側に固定されています。

「折れ目のある黒いフロントカバーで4隅に錨を打ったデザイン」は後に発売されるこのデジボーグに引き継がれています。同じデザイナーですかね?

以前にもアップしましたが、この頃のセイコーの黒カバーとシルバーケースとのコンビネーションデザインのものはどれもカッコイイです。

これは黒カバーではありませんが、以前にご紹介した(こちら)セイコーの顔デジタルと。この顔デジタルにも黒バージョンが存在するのですが、今だに現物に出会ったことがありません。

しかし、さりげなくその辺に置いてあってもカッコイイです。

以上、セイコーの70年代後半のデジタル時計、A158-502Aのご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました