iPhone 12 Proにケースを付けてみた

iPhone 12 Proにちょっと手を加えたケースを付けてみましたのでアップします。今回久しぶりにiPhoneを買い替え、それに伴い最初は下の純正ケースのどちらかを買おうと思ったのですが、これら純正ケースはMag Safe充電器の為に磁石が内蔵されており、腕時計好きにとっては磁石は時計が帯磁してしまうので、今回は純正はやめておきました。時計にくっつけない限りそんなに心配する程のことでは無いかもですが、やはり磁力は時計から遠ざけておきたいものです。

Apple MagSafe対応 シリコーンケース (iPhone 12 Pro Max用) - ブラック
Apple(アップル)
¥6,111(2020/10/31 22:43時点)
外側はシリコーンで絹のように柔らかく仕上げてあるため、手に心地よく収まります。内側には、iPhoneを一段としっかり保護できるように柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。
Apple クリアケース (iPhone 12 & iPhone 12 Pro用)
Apple(アップル)
¥6,111(2020/10/27 12:32時点)
透明度の高いポリカーボネートと柔軟性がある素材を組み合わせた設計。iPhoneのボタンにぴったりフィットするので使いやすさも抜群です。内側も外側も表面には傷に強いコーティングが施されていて、すべての素材とコーティングは長期にわたって使用する際に黄ばみを防げるように考慮されています。

で、ケースを付けるにあたって、本体のカバーよりもいつの間にか3眼に増えたレンズの保護の方がそもそも優先なのでは?と思い、レンズ部のカバーの付いているケースを探したのですが、妙なディティールのない、シンプルなケースはこれ一択でした。

明誠 iPhone 12 ケース/iPhone 12 Pro ケース カメラ保護 2020新型 アイフォン12/12Proケース スライド式 半透明 PCケース シリコーン素材 カラー枠 衝撃吸収 滑り止め 耐摩擦 iPhone12/12 Pro 專用スマホカバー ブラック
明誠
¥790(2020/10/31 22:43時点)
【スライドカバーデザイン】iPhone シリーズに専用の特別なデザイン、スライド式レンズカバーです。摩擦を防止するため、レンズカバーはカメラレンズと直接に接触しない、レンズより0.2mm高め設計です。レンズを使用しない場合、レンズカバーはレンズの上方にスライドさせ、摩擦や衝撃を効果的に防止できます。レンズを360°守ります。

非常にシンプルで価格も790円と安いです。最低限のカバーでレンズ部にスライドカバーが付いており、そのスライドカバー部が左右目一杯に凸形状になっているので、他のレンズ部だけ凸になっているケースだと置いた時にカタカタするのが、このケースではそのカタカタが防げるのも良いです。

ということで、このケースを購入しました。届いた時のパッケージはこんな具合で、いかにも中華な雰囲気で怪しいです。

ケースを取り出してみると、思いのほかよくできています。

レンズカバー部拡大。スライドするカバーを黒い枠と透明部分でサンドイッチしている構造で、指で左右に開閉することができます。

ただ、側面のど真ん中をパーティングラインが走っていて、値段なりにちょっと安っぽいです。各ボタンの操作は問題ありません。

で、iPhoneに装着した状態。透明ケースなので、iPhoneが透けて見えてシンプルで良いのですが、やはりレンズ部のスライドカバー部がなんか大袈裟ですね。

で、そのスライドカバーの枠感の緩和の為に最初はレンズ焦点距離などを書いた黒い紙をiPhoneとカバーの間にこんな風に入れようと思ったのですが、、、

どうせなら全面覆っちゃってもよくね?となり、やってくうちにこんなになりましたw

イラレでいろいろやってくとどうしてもスピナーっぽくしたくなってきます。青くないのでレーザースピナーって感じですかね?シドさんのサインは昔出した時計のオマケに付けてたステッカーのデータそのまま転載。

レンズカバー部拡大。DO NOT LEAN MOVING PARTSはスピナーのタイヤカバーに入っているテキストですね。可動部ということで。

制作風景。イラレでレイアウトしてプリントアウトした状態。これを切ってiPhoneの上に乗せケースを付けました。多分すぐ飽きると思われますので、時々違うデザインのものに入れ替えようと思います。

ちなみにiPhoneの形状のデータはこちらからダウンロードできるAccessory-Design-Guidelines.pdfに掲載されています。このpdfファイルをイラレで開くとそのまま使用できます。オフィシャルなリンゴマークのパスも入手できますが、短い直線の組み合わせでできているので拡大しての使用は出来なさそうです。(iPhoneのケース用くらい小さければ大丈夫です。)

以上、iPhoneにケースを付けてみたことのアップでした。

戻る

タイトルとURLをコピーしました