DERBY / SWISSONIC ELECTRONIC JUMP HOUR

Electronic

スイスのDERBYの70年代の電磁テンプ式のメカデジです。DERBYのメカデジと言えばメカデジマニアの間ではドラム回転メカデジ(こちらでご紹介)を出していたブランド、という認識が強いのですが、これは通常のメカデジ同様、円盤を回転させるタイプのメカデジです。最近はFutureFunkに酷いパクられ方をされてましたが(こちらでご紹介)、やっとこのモデルを入手することができましたのでご紹介します。

何しろこのデザインが私的にはカッコイイメカデジの3本の指に入るかと思われる位、非常にカッコイイです。本体はステンではありませんが、メッキ層の厚そうなシルバーのクロームメッキをされていて、ピッカピカに光っています。表示は左の奥まった窓で日にち、右の窓で時、分を表示しています。(下の画像で28日の2:45です。)で、このメカデジ、通常のメカデジでは分の表示は1枚の円盤を徐々に回転させて分を表示するのですが、このDERBYのモデルはなんと10の位と1の位を別々の円盤で表示しており、1分ごとにパシッと切り替わる表示をするという、Jump Hourを超えた、Jump Minutesな表示をする、おそらく円盤メカデジでは唯一な表示方法かと思われます。(DERBYのドラム回転メカデジも同様に1分ごとにパシッと切り替わる表示をします。)結果、メカデジでも時表示並の大きい数字で分がフル表示される様になり、非常に時刻がわかりやすくなっています。

文字板自体は濃い目で輝度の高いブルーメタリックと黒のツートーンで、見る角度によりブルーメタリック部分はかなり青く見えます。

ケースのカラバリはこのシルバー以外に金メッキケースバージョンもあります。また数字を表示する円盤はこれは白地に黒の文字ですが、こちらに掲載した友人のHaKuさんの所有物は黒地に白文字です。さらにこれはDERBYブランドですが、ほぼ同じデザインでGRUENブランドのものも存在します。

時刻合わせは普通の時計同様リューズで合わせます。

電磁テンプムーブの上に4枚のディスクを積層しているので、本体の厚みは結構あり実測15mmほどあります。

スクリューバックでない裏面には電池蓋があります。裏蓋はまだ開けてませんが、ムーブメントの詳細についてはこちらのCRAZY WATCHESさんのサイトに詳細な画像がアップされています。かなり特殊な構造をしていることが分かります。

以下、CRAZY WATCHESさんに承諾して頂きましたので、画像をお借りして掲載します。まずは私のモデルの裏蓋を開けた状態。この画像を見ると金色の電池の接点がムーブについているので、裏蓋の電池蓋を開けてもこの接点があるので単に電池を放り込むだけでは交換できなさそうです。

バラした状態の文字板。大きい数字で気持ちいいです。

円盤を外した状態。ベースはESA9157で、その上にメカデジの構造を足したのがこの9159の様です。

円盤の裏はこの様に大きめな歯車状態の様です。

ということで、机に置いた状態。カッコイイです。

ついでに同DERBYの時計たちと撮影してみました。左は初期クオーツモデル(こちらでご紹介)、右2つはドラム回転電磁テンプメカデジ(こちらでご紹介)。

それぞれとツーショット。

こちらのドラム回転メカデジはベルトが崩壊してしまってありません。

クオーツモデルと。しかしこのメカデジのメッキはギラギラと反射します。

さらについでに最強のメカデジ、Plymouthのメカデジクロノとツーショット。

キングオブメカデジ2本、という感じです。

どちらもカッコイイ。

最後に自然光下での撮影画像を。

カッコイイ、としか書きようがなくスミマセン。

以上、DERBYの電磁テンプメカデジのご紹介でした。(2021.8.31.)

2021.9.1.追記・・・CRAZY WATCHESさんにお借りした内部の画像を追記しました。

2021.9.5.追記・・・インスタにアップした動画を追記します。2:59から3:00に切り替わる瞬間ですが、この様に時表示と共に分表示もパシッと切り替わって非常に気持ち良いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

UT(@utdesign)がシェアした投稿

ついでに、一般的なメカデジとの時刻表示の比較です。どちらも2:13を表示していますが、左の一般的なメカデジの時刻表示の場合は、分表示は5分おきには大きい数字ですが、その間の分は小さい指標から読み取るしかありません。それに対し、右のDERBYのモデルは何分だろうと常に大きく表示され、非常に見やすい事がお分かり頂けるかと思います。

以上、インスタにアップした動画と時刻表示の比較画像の追記でした。

(CATEGORYに戻る場合はブラウザーの戻るボタンで戻って下さい。)

タイトルとURLをコピーしました