ZODIAC / SPACETRONIC -see through back-

All

Zodiacの60~70年代頃の電磁テンプ式の時計です。トノー型でとてもプレーンな形が好印象な時計です。電磁テンプ系はビリビリしたエレキ感をディティールで推してくるモデルが多いのですが、このモデルはとてもおとなしめです。(6時位置のSpacetronicのロゴは強烈ですが。)
おとなしめではあるのですが、背面を見るとなんと裏スケです。私は電磁テンプ系で裏スケモデルを見たのはシチズンのX8以外では初めてです。

ガラスの裏面に印刷されているZodiac等の文字が水色なのも良いです。(ちょっとかすれちゃってますが。)

拡大。リューズは2時位置にあります。ムーブはおそらくLANCOのモデル等と同じETA-ESA 9154ですね。(2021.11.29. 追記・・・ムーブはESA9154でなく9150でした。)

正面の画像にもどります。かわいい形です。ベルトはオリジナルではありません。

手に取った状態。同様のデザインで裏スケ仕様ではないモデルもある様です。

リューズはかなり埋まっており、引出してもちょっと操作し難いです。

文字板拡大。よく見ると縦方向のヘアーラインが入っています。

Spacetronic部拡大。カッコイイ。

裏スケで裏蓋に入れられなかったからか、シリアルナンバーがケースのこの下面に入っていました。(画像はモザイクかけてます)

腕に巻いた状態。さっぱりとした顔つきです。

最後に屋外で撮影した画像を。

以上、ゾディアックの珍しい電磁テンプの裏スケモデルのご紹介でした。(2020.11.7.)

2021.11.29.追記・・・バッテリー交換をしましたのでその様子を追記します。下は裏スケの裏蓋を側面からガワアケでパコッと開け接点のパーツを外し、電池を出した状態です。バッテリーは1130が入っていたのですが、ムーブはESA9154だと思っていたので、バッテリーもそのムーブ推奨のSR1136SW(1130よりも0.6mm厚い)を入れようとしたのですが、なんと厚さ的にどうも収まりが悪かったので、ならばと元々入っていたバッテリーと同じSR1130SWを入れたら上手く収まりました。で、もしかしてと調べてみたらなんとこのムーブはESA9154でなくESA9150でした。見た目はほとんど同じなのですが、微妙にディティールが異なります。このESA9150のバッテリーは1130だったのですね。(しかし、このサイトではバッテリーは344(SR1136SW)と記載されているのですが、記載ミス?もしくは接点のパーツの厚み違いがある?)

裏蓋を閉めるのは専用の工具で閉めました。押す部分のパーツの径を合わせれば一発でパコッと気持ちよく閉まります。

で、無事バッテリー交換も済み、また元気に動き出しました。

最後にまた正面斜視を。かわいい形ですね。

以上、バッテリー交換をした様子の追記でした。 (2021.11.29.)

[ゾディアック] 腕時計 ASTROGRAPHIC ZO6607 メンズ 正規輸入品 ゴールド
ZODIAC(ゾディアック)
セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書は取扱説明書に付属

[ゾディアック] 腕時計 ASTROGRAPHIC ZO6602 メンズ 正規輸入品 シルバー
ZODIAC(ゾディアック)
¥280,000(2022/10/27 21:40時点)
対象:メンズ

タイトルとURLをコピーしました