SICURA / SOLAR Analog Model

ANALOG

本体側面にソーラーセルを配した、SICURAの70年代のアナログクオーツ時計です。ほぼNOSなものを格安で入手できましたのでアップします。

左右非対称の特異なケースデザインに対して、文字板はSICURAらしからぬ至ってシンプルなデザインです。このソーラーモデルには同様なデザインでデジタル版も存在します。

腕に巻いた状態。カッコイイです。

で、右側面にソーラーセルが配置されているので、この様に時計がほとんど袖に隠れていてもソーラーセル部は顔を出しているので充電は続行されるという、非常に機能的なレイアウトです。

正面から。6時位置のアップライトのQUARTZ表記が誇らしげです。ソーラーセルに場所を取られたので、リューズは左側にあるのですが、左側のリューズって操作し難いですね。結局逆さに持って右手で時刻合わせをしてます。

ビス止めのシンプルな背面です。

しかしまぁ、なんとも異形なケース形状です^ ^

以上、シクラの70年代のソーラーアナログ時計のご紹介でした。

2020.2.25. 追記・・・バッテリー交換をしたので、ムーブメントの画像をアップします。
緑のプラスチックのベースにETAのムーブメントが収まっています。裏蓋はステンの平らな板状態でした。

バッテリーを外した状態の拡大。SICURA SWISSの刻印の裏にソーラーセルが収まっているのですが、そこから電池の接点に直に繋がっていました。エレキな時計は好きなのですが、エレキなことは分からず・・・このソーラーセルはどう仕事をしていたのでしょう?

電池交換を終え、また腕に巻ける様になりました。相変わらずカッコイイです。

以上、簡単ですが、ムーブの画像のアップでした。

タイトルとURLをコピーしました