SANDOZ / MYSTERY DIAL

MYSTERY DIAL

SANDOZのおそらく1970年代の自動巻の時計です。黒いリング状の帯がガラスに裏面印刷されており、その間から極太の時針と分針と赤い三角の秒針が顔を出している、非常にグラフィカルでぐるぐるとした時計です。ケースはオールステンレスの鏡面仕上げでギラギラと風景を反射します。(ので、非常に撮影しにくい時計です。)

太めの針には夜光が塗られています。分のインデックスは15分刻みのドットしかなく、時刻が見にくい上に大雑把な時刻しか分かりません。文字板のカラバリはオレンジ、ダークグレーなどがあった様です。

曜日と日にち表示の部分は黒帯印刷が切れているので、そこを針が通過する時は針の全貌が見えます。下は秒針が通過している状態。

プレーンなケースデザインがカッコイイです。

しかし、このケース、ベゼルレスでシンプルで良いなと思っていたのですが、、、

なんと良く見るとこの様に、ベゼルレスではなく、前面全てをベゼルで作っている様な構成でした。

真下から見た図です。この様に赤線部に本体とベゼルの合わせがあり、断面形状の形も繋がっておらず、一体感はありません。本体が鏡面仕上げなのでこのディテールが分かりにくかったのですね。

側面から。ベゼルがラグ部の凹みを覆い隠す様にケース上下幅ぎりぎりまで伸びてます。

蓋をされたラグ部拡大。しかし、ベゼルだとするとケース形状に位置を合わせをしてパコッと付けるのに苦労しそうです。

背面です。裏蓋にはシールが残っています。

裏蓋を開けた状態。ムーブは以前にアップした同SANDOZのDuplexと同じETA2879でした。

ムーブを出してみました。鮮やかなメタリックブルーの文字板です。

拡大。時針、分針はシルバーのメッキ面の上にクリヤーブルーを塗装(シルバーの縁取りが綺麗に残っているので印刷ですかね?)している感じです。秒針先端は赤がコテコテに塗られています。

腕に巻いた状態。

以下、何枚かツーショットを。同SANDOZのDuplexと。変態時計兄弟ですね。

最近入手のAMIDAのメカデジ。サイクロプスな時計兄弟。

青文字板のミステリーダイヤルと言えばZODIACのASTROGRAPHIC

全て並べて。しかしASTROGRAPHICが一番時間が分かり易いって、どれだけ時間が分かりにくい時計達なんでしょうw

最後にいい感じに撮影できたカットを。ビカビカな鏡面外装はハイコントラストにすると良い感じですね。

以上、SANDOZの時計のご紹介でした。(2021.3.20.)

[ゾディアック] 腕時計 ASTROGRAPHIC ZO6607 メンズ 正規輸入品 ゴールド
ZODIAC(ゾディアック)
¥187,000(2021/08/06 23:24時点)
セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書は取扱説明書に付属

[ゾディアック] 腕時計 ASTROGRAPHIC ZO6602 メンズ 正規輸入品 シルバー
ZODIAC(ゾディアック)
¥187,000(2021/08/06 23:24時点)
対象:メンズ

[ゾディアック] 腕時計 ASTROGRAPHIC ZO6601 正規輸入品 シルバー
ZODIAC(ゾディアック)
¥164,665(2021/08/06 22:49時点)
対象:メンズ
タイトルとURLをコピーしました