RICOH / AUTODELUXE 8

ANALOG

リコーの1970年代の自動巻きの時計のオートデラックス8です。同時期、先行するセイコーの「5」、シチズンの「7」の更に先を行く!と言うなのら「9」にしそうなものを、奇数で数を増やすのはあまりにあからさまだからか、恐れ多かったのか、ちょい控えめに「8」にしてたり、デザインのアイディアが尽きたのか、水平垂直のインデックスバーを試しにちょっと入れ替えてみたら、そのまま製品になっちゃったよ、どうすんのよ的なインデックスバーとか、6時位置にどかーんとある曜日表示の巨大な「月っ!」の昭和感、そしてリコー製・・・それら全ての「ちょっとイケてない感」が上手い事マージしあって、結果、とても愛でたくなる時計に仕上がってると思います。(と思うのは私だけですかね? あ、基本リコーの時計は好きです。)

ケースはラグも太く風防も厚めで意外とごついです。オートデラックス8はデザインのバリエーションが結構あるのですが、これとほぼ同じでインデックスバーがちゃんとしたモデルもあります。

8にした理由をwebで検索してみると、「セイコー の5を意識したものです」、「リコーのムーブメント呼称で『日付+曜日付き』を表す8にちなんでいます。」(日付け1+曜日7ってこと?)、「8つの機能ということでは無く、セイコーとシチズンを超えるように数字を当てただけと言われています。 」等あり、真相は判りません。オートマで日付け曜日の独立表示、21石で30m防水、はスペック的には当時のセイコー 、シチズンを特に超えていたとは思えませんが、33石の時計を出したのはリコーが初だったかと思います。

しかし文字板が結構反射し撮影し難い時計です。反射を防ぐ様に撮影すると白くぺたーっとしてしまいますし。。

スナップオン式の裏蓋の中央にはRICOHのRの刻印があります。

腕に巻いた状態。12、6、9のインデックスバーに漂う「謎感」がよいです。

日にちの窓はよく見たら内側が狭くなった台形をしていました。

以上、久しぶりに入手した国産3針時計のリコーのオートデラックス8のご紹介でした。

国産腕時計タカノ・リコー
トンボ出版
¥9,000(2020/09/22 15:51時点)
RICOH THETA Z1 ブラック 360度カメラ 1.0型裏面照射型CMOSセンサー搭載 23MP高解像静止画 手ブレ補正機能搭載 4K動画 360度空間音声 RAW現像対応 高速無線転送 リコーシータ独自の高精度なスティッチング技術 THETAシリーズのフラッグシップモデル ビジネスシーンで大活躍 910774
リコー
¥117,500(2020/09/02 14:01時点)
【THETAシリーズのフラッグシップモデル】 1.0型裏面照射型CMOSセンサーと新開発レンズユニット採用により、ゴースト・フレア・フリンジを抑制。THETAシリーズ最高画質を実現
RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー
¥85,310(2020/09/22 15:51時点)
最強のSnap Shooter

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました