OMEGA / DE VILLE Chronograph

ANALOG

1960年代のオメガのデ・ヴィル(オメガのサイトのカタカナ表記に準拠)の機械式の手巻きのクロノグラフです。非常に端正にまとまっていてカッコイイです。当サイトっぽくない様に見えるかもですが、「カッコイイ」のうちの「変でカッコイイ」「宇宙っぽくてカッコイイ」等と同じく、こういった普遍的なデザインを極めた時計も「きちんとまとまっていてカッコイイ」ので、好きです。そもそも私の時計好きもクロノグラフ、特に安くて入手しやすくバリエーションも多く楽しめる70年代国産クロノから始まって現在に至ってます。

ドレッシーなモデルの多いデ・ヴィルで文字板にタキメーターを内包した3つ目のクロノは比較的珍しいです。ebay等では2つ目で9時位置に日付表示のあるCal.930を搭載したものを多く見かけます。

タキメーターの120から100の範囲の印刷がかすれており、またちょうどその辺りの風防にも傷があり、更にキャリバーもスピードマスターに搭載されたCal.321や861でなく871である事もあってか、格安で入手出来ました。

これとほぼ同じ文字板でSeamasterバージョンもあり(下の方にツーショット画像アップしてます。)、本当はSeamasterでこのデザインのものを探していたのですが、なかなかこのラグのデザインのものが見つからず(あっても非常に高価)、いろいろ探してる時に偶然このDe Villeバージョンで探しているデザインのものを見つけ、入手した次第です。

腕に巻いた状態。極めて普通にキチンとしていて良いです。

裏蓋もシンプルです。

で、このデ・ヴィルのキャリバーは前述しました様に871です。スピードマスターに搭載されたCal.861との関係はどうなんでしょう?web検索してもあまり情報を得られなかったのですが、861同様コラムホイールでなくカム式で、レマニア製のこのキャリバーはTISSOTのクロノにも搭載されていた様ですが。。

で、M君所有のCal.321搭載のSeamasterとツーショット。ラグの形状は異なりますが、文字板はほとんど一緒です。(よく見るとTACHYMETERの文字が若干Seamasterの方が小さいです。)

正面から。Seamasterの方はブレスもオリジナルです。私のDE VILLEに付いているのはamazonで買った1,000円位の型押しの安価なベルトですが、もっとまともな革ベルトを付けてあげたいです。

以下、その他の時計とのツーショットを何枚か。同オメガの音叉クロノのスピードソニックと。デザイン的には非常に対照的な2本ですが、どちらもそれぞれにカッコイイ。オメガってほんとデザインの幅が広くて面白いですね。

こちらも同オメガの音叉時計のコンステレーションと。フジツボ時計はやっぱでかいですw

80’s国産クオーツクロノの名作でありボンドウオッチでもある7A28の白文字板7020と。ビンテージな柔らかな機械式と80’sなパキッとしたクオーツクロノ。これも似てはいるのですが、対照的なデザインの2本です。いずれにしても白文字板のクロノはカッコイイです。

最後に斜視をもう一枚。以上、久しぶりに入手したビンテージな機械式クロノグラフのご紹介でした。

[オメガ] 腕時計 スピードマスター ブラック文字盤 コーアクシャル自動巻 クロノグラフ 326.30.40.50.03.001 並行輸入品 シルバー [並行輸入品]
OMEGA(オメガ)
¥329,800(2020/07/12 13:38時点)
セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証カード同梱

 

タイトルとURLをコピーしました