HEUER / CHRONOSPLIT LCD&LED Model

DIGITAL

ホイヤーから1975年に発売された、LCD、LEDハイブリッドなデジタル時計、CHRONOSPLIT(Cal.100)です。上の液晶表示で時刻、日付を表示し、下のLEDはストップウォッチ計測時のみに使用し、通常は消灯しています。これの後継モデルのCal.102では下の表示も液晶表示になりましたが、やはりこのLCD、LEDのハイブリッドな感じがカッコイイです。

正面から。通常は下のLEDは消灯しててこんな感じです。時刻表示のコロン(:)は常に点滅しています。

クロノグラフで1時間4分44.6秒を計測した状態。LEDはクロノのボタンを押した時だけ数秒点灯します。クロノの操作は右上のボタンでスタート、右下でストップです。(中央はLCD照明用ボタンです。)で、クロノグラフのリセットの仕方にちょっとクセがあり、リセットする時には、右上のボタンを押しながら右下のボタンを押し、LEDが0を表示したら、そのままの状態で“右上を先に”離します。

本体、ベルトが一体のデザインでカッコイイです。金色ケースやフェラーリ仕様のもの、革ベルト仕様のもの等ありました。

左側面中央はLCDの表示切り替え、その上下のボタンは上が時修正、下が分修正で、押すと直に進んでいきます。

裏蓋外周には1〜12の数字が刻印されています。バッテリー交換時期のメモ的に使うんですかね?(6月に交換したら6を上にして蓋を閉じる等)

裏蓋を開けた状態。ムーブの上には白いプラスチック板が乗っていました。どかーんとHEUERと入ったムーブがカッコイイです。バッテリーはSR43Wを2つ使います。

専用のボックスです。

開けた状態。蓋の裏には取り説が入っていたのですが、時計の取り説系はまとめてどこかにしまったはずなのですが、、、見当たりませんでした。うぅ、、どこにいってしまったのでしょう。。

この時計はよく「デジタルでのクロノグラフ機能を搭載した世界初の時計」と紹介されることがありますが、セイコーも同1975年、「世界で初めてデジタルクロノグラフを搭載した時計」と公表している液晶デジタル時計(0634-5001)を発売しており、どちらが本当に世界初なのでしょうね。同じデジタルクロノでも液晶ではセイコーが世界初、LEDではホイヤーが世界初、ということは言えそうですが・・・謎です。

以上、ホイヤーのクロノスプリットのご紹介でした。

タグホイヤー モジュラー41メンズスマートウォッチ SBF818000.11FT8031
TAG Heuer
¥267,308(2019/11/06 15:56時点)
デジタルダイヤル、AMOLEDマルチタッチディスプレイ。
タイトルとURLをコピーしました